Loop S3 Pro 資金別おすすめ設定

副業

Loop S3 Proの資金別おすすめ設定についてまとめました。

皆様の参考としてください。

通貨ペアはUSD/JPYとしています。

※表を全て書き終わった後に「トラップ値幅」を書くのを忘れていることに気付きました。全て10を想定しています。

ちなみにLoop S3 Proは一枚のチャートに1つのEAとして動きます。

なので2つ稼働させたい場合、1つEAを稼働させた後、もう一枚同じ通貨ペアのチャートを開きEAをもう一つ稼働させることで、違う設定で動かす事が可能です。もちろん違う通貨ペアでも可能ですし、ゴールドや日経平均などの自動売買も可能です。

まずは基本をおさらい

このページを見てくれている方のほとんどはLoop S3 Proの仕様を理解いただけているかと思いますが念のため軽く解説しておきます。

Loop S3 Proはループイフダンやトラリピと同じく、トラップを沢山張り巡らせ、チャートの上下で自動的に利確を繰り返して利益を上げるプログラムです。

そのため、価格がEAの設定と逆行した際にトラップが約定しポジションを保持します。ですので、コロナショックやリーマンショックのように片方向にチャートが動き続ける間は当たり前ですが含み損となる仕様です。

この含み損をどれだけ耐えられる設定にするかが重要です。逆に言えば耐えられる設定をしている以上、時間はかかりますが必勝であるといえます。

3万円

口座:マイクロ口座

パラメータ設定値
発注量(Lot)0.1
売買SELL
レンジ上限120.0
レンジ下限107.5
トラップ本数50
利確幅(pips)8.0
トレール決済ON
トレール値幅(pips)4
パラメータ設定値
発注量(Lot)0.1
売買BUY
レンジ上限108.5
レンジ下限100.0
トラップ本数50
利確幅(pips)8.0
トレール決済ON
トレール値幅(pips)4

想定利益:350円/日

6,000円/月

10万円

口座:マイクロ口座

パラメータ設定値
発注量(Lot)0.2
売買SELL
レンジ上限120.0
レンジ下限107.5
トラップ本数50
利確幅(pips)8.0
トレール決済ON
トレール値幅(pips)4
パラメータ設定値
発注量(Lot)0.2
売買BUY
レンジ上限108.5
レンジ下限100.0
トラップ本数50
利確幅(pips)8.0
トレール決済ON
トレール値幅(pips)4

想定利益:700円/日

10,000円/月

30万円~50万円

口座:スタンダード口座

パラメータ設定値
発注量(Lot)0.01~0.02
売買SELL
レンジ上限120.0
レンジ下限107.5
トラップ本数50
利確幅(pips)8.0
トレール決済ON
トレール値幅(pips)4
パラメータ設定値
発注量(Lot)0.01~0.02
売買BUY
レンジ上限108.5
レンジ下限100.0
トラップ本数50
利確幅(pips)8.0
トレール決済ON
トレール値幅(pips)4

想定利益:1,000~7,000円/日

20,000~80,000円/月

※私は50万円資金(入金30万円+ボーナス20万円)で発注量を0.02で稼働させています。現状平均3,500円/日くらいの利益が出ています。
1円逆行した場合も含み損は1万円以下ですので、精神的なダメージもないですし、この設定はかなりお勧めできます。

100万円以上

口座:スタンダード口座

パラメータ設定値
発注量(Lot)0.05~0.15
売買SELL
レンジ上限120.0
レンジ下限107.5
トラップ本数50
利確幅(pips)8.0
トレール決済ON
トレール値幅(pips)4
パラメータ設定値
発注量(Lot)0.05~0.15
売買BUY
レンジ上限108.5
レンジ下限100.0
トラップ本数50
利確幅(pips)8.0
トレール決済ON
トレール値幅(pips)4

想定利益:5,000~40,000円/日

200,000~1,000,000円/月

※デモ口座の50万円の資金にて発注量0.1で運用していましたが、コロナショックで飛びました。ですので0.1でトラップ10pips幅は50万円程度だと通常時はよいですが有事の際を考えると、かなりリスキーだなと感じています。

一方、利益は毎日1.2万円~2.2万円出ているため、数か月も耐えられれば安定するかなと思っています。若干ギャンブル設定ですかね。

確実な運用をされる方は100万円で0.05以下を推奨します。

追記:昨日は約4万円の利益を出してくれています。

とりあえずこの設定は100万円以上の資金の方の方が良さそうです。

価格を重ねた理由

110.5~109.5を売りと買いを重ねています。
下のチャートの黄色の下降レンジを2月頭に明確に抜け、今はピンクの上昇レンジにいると思っています。

※2020年7月現在は108.5-107.5を重ねています。

100日200日平均線も効いており、コロナショックの影響が今後心配ですが、現状は111~109が適正レンジかなと思っています。ただ上限下限まで売り買いしてしまうと長期ポジション化する確率が上がるため0.5円分を省き110.5~109.5円を重ねているというわけです。

注意点

上で記した設定は最大値幅全てを手持ち資金でカバーできる設計にはなっていません。本来はもっと少ない発注量で行うべきです。

「ある程度設定変更を柔軟に行うこと」「FXの知識がある程度あること」を前提に上記設定をおすすめします。

少しリスクがあっても、2-3ヶ月耐えたときには利益が上積みされ耐久値幅が広がっていきます。仮に大きく動きそうな場合は、設定を変更しましょう。

初心者の方やリスクを押さえて確実に運用される方は、ロット数を下げるか資金を増やすかしてください。

トラップ本数を5や10に減らすというのは1つの方法ですが、トラップ本数を超えた場合に指をくわえて見ることになりますので、あまりお勧めできません。

トラップ本数を減らすくらいなら、マイクロ口座にして細かなトラップをたくさん仕掛けたほうが、リスクも下げたうえで期待値は高くなると思います。


色々と書きましたが、投資は全て自己責任です。ご自身の判断基準に照らし合わせて設定は決めていきましょう。

無料EAのお申し込み

Lineにご登録いただくと無料EAの受け取り方法が自動的に案内されます。

LineでLoop S3 Proを受け取る


Lineを使ってない方用に申し込みフォームをご用意しております。

※同時申し込みの場合はLine側を優先とさせていただきます。

こちらもオススメですよ。

タイトルとURLをコピーしました